将棋の奥深さと楽しさを知ろう!【将棋一番星】
書道

現代でこそ活きる美しい文字――書道

日本人ならば、誰しも一度は触れたことのある書道。小学校で習う前から習っていた人もいれば、小学校で初めて書道に触れたという人もいるでしょう。パソコンによるデジタルな時代が訪れている現代においても、日本の文化として受け継がれている書道。では、愛され続ける書道についてご紹介します。

書道と書写

書道と書写。この似たような意味を持っているように感じる2つの単語。確かに「筆で文字を書く」という部分はどちらも同じなのですが、この2つの単語には決定的な違いがあります。それは、書写が「文字を正しく、整えて書くこと」に重点を置いているのに対し、書道は「文字の美術的表現」「先人の美しい筆跡を学ぶ」ものとされ、書写に比べて書道は自由度が高く、美術的な意味が強いのです。

人によって書道と書写では、好みがあるかもしれません。ですが、どちらも筆を使って文字を書くということには変わりありません。筆を使って文字を書く書道も書写も、精神統一につながり、「人」としてのレベルアップに効果的です。

書道に必要な道具

筆を使って文字を書く書道が、教育の中に深く根付いている日本において、書道を始めることはとても簡単です。まず、道具を準備する時点からとても簡単です。本格的な書道をはじめるのであれば、文房具店や書道関係の専門店へ行く必要が出てきますが、軽い気持ちではじめるのであれば、手ごろな値段で購入できる筆や墨でも問題ありません。

書道に必要最低限必要な道具――文房四宝とされている「筆」「硯」「墨」「紙」についてご紹介します。

筆(ふで)

筆の毛は、硬いもの(馬、狸、鹿など)、柔らかいもの(羊、猫など)、その両方を混ぜたものと、大きくわけて3種類があります。書く書体によって筆は変わってくるのですが、初心者の方には硬い毛と柔らかい毛を混ぜた兼毫が使いやすいのでオススメです。

硯(すずり)

書道の道具の中で唯一、消耗品ではないのがこの硯です。それ故に、本格的にはじめる場合は、十分に吟味して質のいい自分好みのものを選ぶことをオススメします。一部の硯は骨董品としての価値を持っていますが、児童用などの硯はとても手軽に購入できます。

墨(すみ)

墨には固形墨と液体墨の二種類があります。固形墨は、墨を磨る必要がありますが、個性が活きる書道に適しています。対して、液体墨は墨を磨る手間がない分、手軽に使うことができますが、均一な墨の品質ゆえに、書道よりも書写に向いています。

紙(かみ)

100枚で100円など、安価で売られている和紙は機会で作られた所謂練習用の紙です。練習であれば、あんかな紙でも問題ありませんが、作品を書くのであれば、手漉きのやや高価な和紙で書くのがオススメです。手漉きの和紙は、墨のにじみやかすれといった書の味の部分がよくでるので、作品を書くためにはもってこいの紙です。

書道の「手本」とは

書道の手本というと、学校の教科書などに書かれた大きな文字を思い浮かべますね。書写であれば、それは正しい手本なのですが、書道としてはものによっては良い手本ではありません。というのも、書道は文字の美的表現を重視され、古典においては先人の筆跡を学ぶことが良しとされるのです。ですから、書道を学ぶ場合に「手本」とするべきは、先人の文字なのです。

因みに、この先人たちの手本は、書籍で学ぶことができます。

現代と書道

デジタル社会の今だからこそ、書道は個をカッコよく主張できる非常にプラスなものです。デザイン書道という新しい書道のスタイルも確立され、また書道とデジタルのコラボレーションによって生み出されるハイクオリティな書の作品は、インテリアになったり、表札になったりと様々な形で現代の生活の中に浸透しています。

どうしても古臭いイメージが払拭できなかった書道ですが、2010年に上映された「書道ガールズ」や、若手の書道家たちのテレビなどのメディアへの露出によって、だんだんと「書道」に対する印象は変わりつつあるようです。

「書道」参考サイトの紹介

話題となった映画「書道ガールズ」などの影響を受けて、極光を浴びている書道。誰でも手軽に始められて、人間を磨くことにもつながる書道。そんな奥の深い「書道」について、こちらのサイトでは段位なども含めて紹介されています。

”書道”に関する記事の紹介

書道の真髄――書道の書き方
http://shodotebiki.com/a02kakikata.html

美しい文字を書くための書道の書き方とは?基礎的なことはもちろん、詳しい構え方や筆の持ち方まで、こちらのページでは、書道を書くに当たっての必要な知識が網羅されています。書道の基礎が知り硬い方は、ぜひ見てみてはいかがでしょうか?

書道から普段まで!きれいな字を書くコツ
http://shodotebiki.com/c02point.html

漢字には、毛筆の場合でも硬筆の場合でも変わらない、ある一定のバランスというものがあります。こちらのページでは、このバランスについて紹介されています。あなたの書道をより美しい書にレベルアップさせましょう!

手軽に学べる書道は書道教室から
http://shodotebiki.com/c03kyoshitsu.html

独学で書道を学ぶのも良いですが、明確な目標を持って書道を学びたい方には、書道教室がオススメです。こちらでは、書道教室についての詳しく紹介されています。自分磨きの習い事に、習字を選んで見るのはいかがでしょうか?

  • 『将棋の基礎知識』-歴史・基礎用語・ルール
  • 『駒の動き』-王将・金将・銀将・角行・飛車・桂馬・香車・歩兵
  • 『定番の戦法』-棒銀・居飛車/振り飛車・囲い・早石田・雀刺し
  • 『対局する・練習する』-将棋場・道場・ゲーム・詰め将棋
  • 『将棋コラム』-回り将棋・大盤面・プロ棋士・コンピューター