将棋の奥深さと楽しさを知ろう!【将棋一番星】
角行

角行

将棋の醍醐味は、駒の動きによって支えられていると言えます。それぞれの駒に違う動き方が設定されていることで、対局の流れを単調にさせないのです。中でも「大駒」と呼ばれる角・飛車はその動きの強さによって対局の流れをひっくり返す働きを持っています。角行の動きなどについて解説していきます。

角行〜盤面の遊撃手・角

将棋の駒は、それぞれに違う動きという個性が与えられています。その個性は成ることで金将と同じ動きに画一化されてしまいますが、一部の駒に限り金将とは違う動き方へと変化します。

金将とは違う動きに成る一部の駒である「大駒」の一つ、角行はどのような性質を持っているのでしょうか。

角の動き

角行は、左右斜め前・左右斜め後ろの計四方向に無限に移動することが出来ます。これはチェスのビショップ(僧正)と同じ動きで、そのため欧米では角行のことをビショップと呼んでいます。敵陣侵入で成ったあとは成る前の斜め移動に加えて前後左右に1マスずつ移動することが出来る「竜馬」になります。

斜め移動は、味方の駒を越えて行うことは出来ません。そのため、角を動かす場合は先に斜め前にある歩兵のどちらかを動かしてからということになります。相手の駒があった場合はそのまま相手の駒を取り、相手の駒があったマスで止まることになります。

角の使いどころ

角は大駒と言われるだけあって、移動できるマス数に限界がありません。そのため、相手の陣形に隙間が開いていれば、逆転の一撃を打つことさえ可能です。しかし、機動性に優れる分だけ味方から孤立しやすくなるという弱点も持っています。

角・飛車の大駒取りを狙うことは将棋の鉄則でもあるので、突出させすぎないように心がけておかなければなりません。基本的には、角行は飛車や銀将・香車などの攻撃専門の駒と合わせて前進させて相手にプレッシャーを掛けながら進攻するようにして使用します。

たとえ角が取られても飛車・銀将・香車などが二の矢・三の矢となって相手への攻撃態勢を持続させます。重厚な攻撃態勢を形成することで、相手に「どの駒を先に取るべきか」という選択を迫ることが出来ます。将棋は常に最善手を選択することが求められるゲームである以上、相手の選択肢を増やす手を打つことは非常に有効な戦略となるのです。

角行の弱点とは?

角行は機動性の高さを活かして、攻撃に防御にと八面六臂の活躍をしてくれる心強い駒です。

しかし、その機動性ゆえに大きな弱点を抱えています。それは「接近戦に弱い」と言うことです。角は斜め移動しか出来ないため、正面の駒を一手で取ることが出来ません。そのため、正面に迫った歩兵から逃げ切れずに取られてしまうことも少なくないのです。

竜馬に成ってしまえば接近戦の弱点もカバー出来るようになりますが、敵陣への侵入は取られるリスクを上昇させてしまいます。角行の成りは駒数が少なくなっていく中盤戦以降に行えるよう、確実に温存した上で慎重に行うようにしましょう。

  • 『将棋の基礎知識』-歴史・基礎用語・ルール
  • 『駒の動き』-王将・金将・銀将・角行・飛車・桂馬・香車・歩兵
  • 『定番の戦法』-棒銀・居飛車/振り飛車・囲い・早石田・雀刺し
  • 『対局する・練習する』-将棋場・道場・ゲーム・詰め将棋
  • 『将棋コラム』-回り将棋・大盤面・プロ棋士・コンピューター