将棋の奥深さと楽しさを知ろう!【将棋一番星】
王将

王将

どんなスポーツやゲームにも、必ず勝敗条件が設定されているものです。「点数を多く取った方が勝ち」「目標地点に早く到達した方が勝ち」「相手の旗や駒を取れば勝ち」と言うように内容によって千差万別に変化します。ここでは将棋における勝敗条件を握る王将の動きを中心に解説していきます。

勝敗の鍵を握る駒・王

将棋の本質は「王将の取り合い」にあると言い切れます。用途や戦法に応じて駒を動かし相手を追い詰めるという、合戦に必要な感覚や思考を要求されます。将棋の本質そのものとも言える王将とはどのような性質を持った駒なのでしょうか。

王将と玉将がある理由は?

市販されている将棋駒のセットは、必ず「王将(おうしょう)」と「玉将(ぎょくしょう)」の二種類の王将駒が入っています。王将は格上の後手側、玉将は挑戦者の先手側が使うと言うのが慣例となっています。

元々、現代将棋の原型である平安将棋には「玉将」だけしかなく、平安将棋から本将棋へと移り変わる過程で「王将」が作られていったと考えられています。そのため、将棋用語では王将が相手陣地に侵入することを「入玉(にゅうぎょく)」というように「王(おう)」ではなく「玉(ぎょく)」を使うのが主流となっています。

駒の動き

王将は現在位置から前・後・左・右・左斜め前・右斜め前・左斜め後ろ・右斜め後ろの計8方向に1マス動くことが出来ます。8方向に動けるのは王将を除けば一部の成り駒だけです。

しかし、移動できる距離が短いため自らが攻撃に打って出るには不向きであると言えます。それでなくとも相手に取られた時点で敗北してしまうため、王将を攻撃に参加させるのは駒数が少なくなる終盤戦に入ってからが無難でしょう。

王将の活用法

王将は対局の勝敗条件そのものであるため、なるべく周辺に強固な防衛陣形を敷いて攻撃に参加させないのが運用の定石となっています。王将を保護する陣形を敷く場合、盤の左側または右側に王将を寄せて、相手からの攻撃経路を限定させるのが基本です。

初期配置のまま守りを固めると前方と左右の三方向が攻撃経路になってしまい、対処しきれなくなる為です。また、王将は金将と同じく成る事の出来ない駒です。

つまり無理に王将を突進させても、見返りが少ないということでもあります。序盤から中盤に掛けては、王将を攻め込まれないように自陣地に留める様に動かし、終盤戦までには最小限の駒で防衛陣形を組んで攻撃に全力を注ぐようにするのが良いでしょう。

王を生かす事を優先する

初心者が経験者と将棋を打つと、50手以内に初心者が詰んで終わることがほとんどです。これは、駒の扱いに慣れていないことだけでなく基本戦略である「王の防衛」ができていないことによって招かれた結果と言えます。

勝敗に関わる王将を守る為には、「攻めてくる相手の駒を確実に取る」ことと「相手の王手を少しでも遅らせる」ことを両立することが大事です。自分なりに攻防一体の流れを作ることを意識することが、上達するための王道なのです。

  • 『将棋の基礎知識』-歴史・基礎用語・ルール
  • 『駒の動き』-王将・金将・銀将・角行・飛車・桂馬・香車・歩兵
  • 『定番の戦法』-棒銀・居飛車/振り飛車・囲い・早石田・雀刺し
  • 『対局する・練習する』-将棋場・道場・ゲーム・詰め将棋
  • 『将棋コラム』-回り将棋・大盤面・プロ棋士・コンピューター